Marketing Pick Up Technology

[Technology] イケてると評判のマーケティングツール HubSpotを使ってみた

海外では定番マーケティングツールとなっているHub Spot 現在はNYSE に上場し

日本国内にも進出しています。

2017年11月30日現在 時価総額は$3B    3000億円超えのモンスター B to B SaaS企業です。

日本語のインターフェースが使えるのは嬉しいですよね。


このYou Tubeビデオを見るだけでは、どの点においてHub Spotがそんなに優れているのかもなかなかわかりにくいため、実際に使用してみました。

 

今回はHub Spotのいくつかあるサービスの中からHub Spot Marketingを使用してみました。

使用してみるとまずは、最初に下記のステップを踏むようにリードされます。

 

1.Tracking Codeを自分のサイトに埋め込む

 

2. Lead Flowを作成する

 

3. データを収集するフォームを作成

 

4.Facebook Adを作成

 

を作成するという4つのステップを行わされます。FB 広告の作成はやってみましたが、本家のFBの管理画面とそんなに変わらなかったので割愛。 ただし同じダッシュボードで管理できるので便利ですよね。

 

なのでここでは 1-3 のステップについて簡単にご紹介

 

まずはトラッキングコードを埋め込むとポップアップのウィンドウが出るようになります。

要はここで、インバウンドのコンタクトを収集することができようになります。

ウィドウタイプは下記の4つのタイプから選ぶことができます。

POPUP, Drop down banner, Slide in box left, Slide in box Right.

 

ここでは左からスライドインする Slide in Leftを選択します。

 

 

使用するロゴと文言を記入して完成!

あっという間にインバウンドリードツールの出来上がりです!

 

 

完全に左右からのスライドインは完全に視界を塞がないので、使いやすくて良いですね。

流石 ユーザのInterruptionにならないマーケティングを心がけているHub Spotです。

 

パートナー・プログラムも充実してるようですが、日本ではマーケティングパートナー・プログラムのみ有効なようです。

 

hubspot marketingではこれだけではなく  Landing Pageの作成 A/Bテスト、htmlメールの作成などがまとめてひとつのプラットフォームでできるようです。

プライシングプランと 使える機能についてはこちらで確認できます。

 

 

月額 $800/month なかなかツールとしては良いお値段がしますね。

12月5日にはLAでハブスポットのユーザイベントが開かれるということなのでこれについては別途レポートしたいと思います。

About the author

Go Ride

Go Ride

ウェブとサーフィンとガッツリご飯が大好物 13ヶ月の世界サーフトリップを経て surf life balance(サーフライフバランス)を考えながら 相乗りサービス "Go Ride" とキュレーションメディア "Go Ride News" 開発&運営中