Marketing Technology

[Technology]FacebookやInstagramに出せるコンバージョン率が高いと評判のダイナミック広告とは?

Facebookの広告で「この間サイトで見た、商品が広告欄に掲載されてる…あれ、こんな商品もあったんだ」そんな感じで気になって、つい広告をクリックしてしまうなんて事ありませんか。
このように閲覧者の関心に合わせた広告を実装+関連した情報を掲載できる、便利な「ダイナミック広告」について詳しくみていきましょう。
 

Facebookダイナミック広告とは

Facebook ダイナミック広告

https://www.facebook.com/business/learn/facebook-create-ad-dynamic-ads

ダイナミック広告は、Facebookに表示されるダイナミックリターゲティング広告の事で、ユーザー閲覧履歴に基づいて、関連性の高い関心や興味のあることに合わせて広告が表示されます。
そのように需要やタイミングを合わせる事で購入や成約につながる可能性が高くなります。

例えば、Tシャツを探しているユーザーに対して、以前閲覧したTシャツや類似した商品が広告に掲載されるというような仕組みです。

主にこのような商品が表示されます
・ウェブサイトやアプリで閲覧された製品
・制作した製品カタログで人気のある製品
・ターゲット層やそれに類似した利用者がFacebookやウェブページでアクションを実行した製品

 

仕様

〇設置できる場所

Facebook
・フィード
・右側広告枠
・Marketplace
Instagram
・フィード
Audience Network
・ネイティブ、バナー、インタースティシャル

〇広告の種類

写真広告
・写真1枚を表示
・テキスト(メインの広告素材の上に表示されます):125文字以内を推奨
・見出し:25文字以内を推奨
・リンクの説明:30文字以内を推奨

カルーセル広告
・1つの枠内に複数の画像や動画が横に流れて表示
・テキスト(メインの広告素材の上に表示されます):125文字以内を推奨
・見出し:40文字以内を推奨
・リンクの説明:20文字以内を推奨

コレクション広告(利用制限あり)
・複数の動画や画像を組み合わせて表示
・テキスト(メインの広告素材の上に表示されます):90文字以内を推奨
・見出し(広告の4つの製品の上に表示されます):25文字以内を推奨

 

設置に必要な作業

1.Facebookビジネスマネージャでアカウントを作成

Facebookダイナミック広告を始めるためにはFacebookビジネスマネージャのアカウントが必要です。
https://business.facebook.com/overview/

2.製品カタログを作成
自社サイトの商品データを一覧にしたもの
1つのアイテムに関する情報(ID、名称、カテゴリ、在庫状況、製品URL、画像URL、その他の製品情報)を記述します。
もしくはShopify、WooCommerce、BigCommerce、Magentoを通じてオンラインでホストされる製品の別のカタログ。
※複数の言語に対応しているビジネスは、言語ごとにカタログを作成する必要があります。

3.Facebookピクセル(計測タグ)をウェブサイトに埋め込み

 

対応業種

業種のくくりはないですが、旅行・小売・不動産は各業界向けに特化したダイナミック広告があります。

〇小売向け(Dynamic ads for Retail)

実店舗との連携・・・近くの店舗の在庫に合わせた商品紹介や地図を表示

〇旅行向け(Dynamic ads for Travel)

ホテル広告・・・ホテルの施設や予約可能な客室を表示
フライト広告・・・フライトの予約可能な航空路線を表示
目的地広告・・・都市や観光スポットを表示

〇不動産向け(Dynamic ads for Real Estate)

物件の詳しい紹介・・・ユーザーの希望している類似物件の画像・金額・地図など表示

ダイナミック広告成功事例
https://www.facebook.com/business/success/categories/dynamic-ads

 

ダイナミック広告の素材オプション

〇オーバーレイ

広告の各製品にオーバーレイで価格や配送料についての情報を表示できます。
またオーバーレイを使用することにより、ダイナミック広告に注目を集めることができます。

〇クーポン


閲覧者が利用できるクーポンを表示できます。

※ダイナミック広告にクーポンを追加するときに使用できる広告形式は、カルーセルのみ。

 

ダイナミック広告のメリット

・閲覧者の需要に合わせた広告表示でコンバージョン率アップを見込めます。

・多くの人が利用するFacebookやインスタグラムのユーザーにリーチして、ブランドやショップの認知度を広げ、新規顧客獲得が狙えます。

・設定しておけば自動で商品を選択してくれるので、広告作成をその都度する必要が無くなります。

 

まとめ

このように新たな広告のスタイルとしてユーザーに合わせた商品提案をしてくれ、売上アップなどコンバージョン率が高いと評判のFacebookのダイナミック広告の導入はいかがでしょうか。

 


GO RIDEではSNS広告運用も行っております。

是非お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

About the author

hossy

hossy

座右の銘は一笑健明
ハーブとオーガニックをこよなく愛するWebデザイナー。