Marketing Technology

[TECH] Chrome 68から全てのHTTPアクセスに警告 2018年7月から 常時SSL化に待ったなし

これまでもSSLでの利用を推奨してきていたChrome

2014年のアップデートではランキングシグナルに利用する(検索結果で優遇)ようになり

2017年10月のアップデート Chrome 62以降 入力フォームのあるサイトに関しては既に警告が発せられていましたが、2018年の7月 Chrome68よりついに全てのHTTPサイトへのアクセスについて下記のとおり 警告がでることが決定しました。

Chrom Blog

 

 

常時SSL化待ったなし

 

今回のアップデートによりこれまではSSL化はできていればより良いという段階から、完全に常時SSL化待ったなしのアップデートとなります。

  • Over 68% of Chrome traffic on both Android and Windows is now protected

  • Over 78% of Chrome traffic on both Chrome OS and Mac is now protected

  • 81 of the top 100 sites on the web use HTTPS by default

昨年からのChrome アップデートにより世界全体のサイトの常時SSL化が進み

  • 68%のwindows およびAndroidのトラフィックは保護されている状態
  • 78%のChromeトラフィック(Chrome OS, MAC)はほぼされている状態
  • トップ100サイトのうち81サイトが常時SSL化対応済み

というところまで状況が進んだことを報告しています。

トップ100サイトで81サイトしかまだSSL対応完了してないのかという驚きもありますが、ChromeもよりSSL化をゴリっと進めるために思い切ってるなと思われます。

 

またSSL化した時にありがちな 混在コンテンツについてはLight houseに追加してChrome Canary というexntention をインストールすることで httpソースをリスト化してdeveloperに対応しやすいように教えてくれるそうです。

https://developers.google.com/web/tools/lighthouse/audits/mixed-content

 

ちなみに2018年2月時点での世界のブラウザシェアになります。58%とやはり圧倒的

 

日本だと大手ECサイトで心配なのはmakeshop でしょうか?

2017年8月からSSL対応の新規受付を停止しているようです。今後どのような動きになるのか注目していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

About the author

Go Ride

Go Ride

ウェブとサーフィンとガッツリご飯が大好物 13ヶ月の世界サーフトリップを経て surf life balance(サーフライフバランス)を考えながら 相乗りサービス "Go Ride" とキュレーションメディア "Go Ride News" 開発&運営中